お知らせ

2020 光・アートスクール

昨年度行いました光・アートスクールに引き続き、2020年度も光・アートスクールを開講します。今年度は、各講座を5回~8回のシリーズで開講します。


徳島県より発令されたとくしまアラート「感染拡大注意」に伴い、講座日程の変更があります。
9月開講分については延期とします。
・プロジェクションデザイン(光る特産品編)(全5回)
・AI技術の活用(全8回)

※開講時期等は決まり次第随時こちらのサイトにてお伝えします。


○インタラクティブ・アート(光るひな人形編)(全5回)
 3Dプリンタとプロジェクションマッピングとプログラミングを簡易的に組合わせた「インタラクティブ光るひな人形」を制作し、ひな壇に展示します。

○プロジェクションデザイン(光る特産品編)(全5回)
 特産品等の商品ディスプレイを卓上プロジェクションマッピングで演出します。

○アイデア創出(全5回)
 「デザイン思考」を学びかつ演習によるトレーニングをすることによって、クリエイティブな能力の基礎を習得することを目指します。

○AI技術の活用(全8回)
 AIプログラムを実際に体験し、そのプログラミング、応用に必要な基本的な知識、技術の習得を目指します。

 

講座の詳細は、こちらをご覧ください。
【注意】9月開講分については延期とします。

お申込み:申込みフォームよりお申込みください。

光・夢工房オープニングイベント


「光・夢工房オープニングイベント 光とアートで遊ぼう!」は、徳島県より発令された「とくしまアラート感染拡大注意」に伴い中止とします。

イベントを心待ちにして頂いた皆様方には申し訳ございませんがご理解の程よろしくお願い申し上げます。


参加希望の方は上記QRコード又はこちらよりお申込みください。
※受付は8月1日午前9時より開始します(先着順)。
※定員になり次第締め切りますので予めご了承ください。

2020.02.14

第1回光・アートスクールを開講

 2020年2月12日に四国大学で「第1回光・アートスクール」を開講しました。
 午前の講演では、松重学長から、京都大学での電気自動車製作の経験をもとに、イノベーションに関してお話し頂きました。続いて、株式会社AVADの谷山氏、四国大学経営情報学部の大野准教授から、起業をする上でどのような行動が必要か、これからのデザイン・マーケティングの考え方はどうあるべきか等についてお話し頂きました。
 受講者からは、「伝統文化×先端技術を初めて知った」「起業する上で、必要な能力を知り、自分に足りないものが分かった」「将来に必要な力を改めて認識できた」といった声を頂きました。
 午後の部では、四国大学生活科学部の上野准教授による3Dモデリング、プロジェクションマッピングの実践講座を行いました。3Dモデリングでは、3Dデザインソフトを用いたひな人形の型の作り方を、プロジェクションマッピングでは、ひな人形の型に卓上プロジェクターから映像をマッピングする方法、アニメーションを制作する方法を実践しました。
 T-LAPでは、2020年度以降も公開講座を行う予定です。今後ともよろしくお願い致します。